咳を止める薬
処方箋
ここでは病院で処方される代表的な咳止め薬について、説明していきます。

基本的に咳は体の防衛本能として現れるものですので、咳をむやみやたらに止めるというのは勧められません。しかしあまりにひどい咳やしつこい咳、寝ることもままならないなど日常生活にも支障が出たりする場合には、気管や気管支、肺を傷付けないように咳を止める必要があります。
そこで病院では咳症状に対して薬が処方されます。近年薬に対する一般的な認知も高まってきているので、薬の名前や成分などを知っておくことも重要です。以下にご紹介していきます。


sponsored link




咳を止める薬:処方箋

【アストミン錠10mg】

主成分はジメモルファンリン酸塩です。代表的な中枢性鎮咳薬です。副作用も少ない体にやさしい薬です。眠気やめまい、食欲不振などを起こす場合があります。重い副作用を起こすことはまずありません。

【メジコン錠15mg】

主成分はデキストロメトルファン臭化水素酸塩です。延髄の咳中枢に作用し、咳反射を抑える働きがあります。副作用は少ないですが、眠気や便秘、めまいや吐き気などを起こす場合があります。ごく稀に呼吸困難やアナフィラキシーショックなどの重い副作用を起こすことがあります。

【アスベリン散10%】

主成分はチペピジンヒベンズ酸塩です。同じく咳中枢に働きかけるお薬です。副作用もほとんどない安全な薬ですが、ごく稀に呼吸困難、アナフィラキシーショックなど重い副作用を起こすことがあります。

【コデインリン酸塩散1%】

主成分はコデインリン酸塩です。通称「リンコデ」と呼ばれる薬です。鎮咳作用に優れた効果を発揮します。痰の少ない空咳の時によく用いられます。副作用として眠気やめまい、吐き気や嘔吐などが挙げられます。ごく稀に呼吸困難や意識混濁、薬依存などの重い副作用を起こすことがあります。

【ジヒドロコデインリン酸塩散1%】

主成分はジヒドロコデインリン酸塩です。脳の咳中枢に作用して、咳を鎮めます。痰の少ない空咳の時によく用いられます。コデインリン酸塩よりも強い鎮咳作用があります。副作用としてはコデインリン酸塩と同様です。


sponsored link




【ホクナリンテープ】

主成分はツロブテロール塩酸塩です。気管支拡張剤で、気管支を広げて呼吸を楽にするお薬です。喘息や気管支炎によく使用されます。副作用はほとんどありませんが、動悸や手の震えなどがあります。

【ザイザル錠5mg】

主成分はレボセチリジン塩酸塩です。ヒスタミンH1拮抗薬で、アレルギーの症状を緩和します。花粉症などでよく用いられます。副作用としては眠気や倦怠感、頭痛や吐き気などが挙げられます。


このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。


⇒ 市販薬

⇒ 漢方薬


sponsored link





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



[当サイトへの問い合わせ]
sekiwotomeru★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。